VmBoxを使って、OEL5.7日本語インストール   Leave a comment

VmBoxを使って、OEL5.7日本語インストール

■■

■もしも、画像が見えない場合、右クリックして、画像を表示選択。

 

VMBoxのインストールと使用方法は:

https://linou518.wordpress.com/2012/05/25/oracle-virtualbox4-1-16%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a8%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%96%b9%e6%b3%95%e7%b4%b9%e4%bb%8b/

で参考ください。

 

まずはDownload場所を紹介します:

https://edelivery.oracle.com/linux

登録必要があります、オラクルを勉強する方はこのアカントが必要たと思う。

まずはISOのイメッジをVMBoxに差し入れます。

image

image

OKをクリックして、起動を押す。Linuxのインストールが始めます。

image

次を押す。

Image(43)

インストール言語を選択します、ここは日本語を選択します。次を押す。

Image(44)

システムの言語を選択します、ここも日本語を選択します。次を押す。

Image(45)

デスクはデフォルトで良いです、次を押す、警告を無視します、次を押す。

Image(46)

次を押す。

Image(47)

編集を押す。

Image(48)

IPを設定します。

Image(49)

ホスト名を設定します。

Image(50)

無視

Image(51)

東京または上海を選択する。

Image(52)

パスワードを設定する。

Image(53)

ソフトウェア開発を選択し、カスタマイズするを選択し、次を押す。

Image(54)

ベースシステムを選択、右のシステムツールを選択し、オプションパッケージを押す、

Image(55)

oracle-vall*を選択する。

こことっちょ説明します:

このパッケージはオラクルソフトをインストールためいろいろパッケージが入っています。

選択しったら、後のパッケージインストールは要りません。

Image(56)

次を押す。

Image(57)

ここから、30分のインストール時間をかかります。

Image(58)

再起動

後は簡単な設定を行います。

Image(59)

Image(60)

ファイアウォールを無効にする。

実はインストールされていますが、無効たけ。

Image(61)

SELinuxも無効します。

Image(62)

Image(63)

Image(64)

Image(65)

ここまではOSのインストール完了。再起動して、見ましょう。

image

ここで終わります、次はAdditionalツッルのインストールとwindowsとのファイル共有を紹介します。

では

Posted 2012/05/25 by linou518 in Linux, Old Memory, Oracle Base

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: